dogcontents

ここでは、皆様からの要望や意見をベースに、Homepage の改良および追加した内容の概要を、お知らせしております。また、Homepage に関するトピックも紹介しております。
FEM/paramをRetouch
soundeigenvalue m からsoundeigenvalue vまでを追加しました。 ここでは軸対称(円筒座標)の音響固有値を紹介しています。 2013-NOV-07
FEM/paramをRetouch
Example Problems からExample Problems 4までを見直しました。そして、 Example Problems 5 からExample Problems 10までを追加しました。 2013-FEB-20
FEM/2dimをRetouch
Example Problemsの全てを見直し、プログラムを新しくしました。グラフィックのプログラムも追加しました。 2013-FEB-13
FEM/fluidをRetouch
Driven-Cavity Flowの全て、 Flow around Cylinderの全て、 Coupled with Heat Equationの全て、 Lubrication Analysisの全てを見直し、プログラムを新しくしました。 計算結果は依然と同じですが、プログラムが多少シンプルになりました。 2013-FEB-04
FEM/SOLIDをRetouch
Solid Example 1から Solid Example 15までを書き換えました。 2013-FEB-04
FEM/3DIM newly added
3 DIM FEM 3次元解析を追加しました。内容は、3次元弾性解析、3次元流体解析、3次元音響固有値解析、3次元弾性固有値解析、シリンダー座標弾性解析、固有値解析、[L][D][L]Tの使い方です。 2013-JAN-05
FEM/SOLID/2DIMをRetouch
2-Dim Finite Element Equations of Elasticity 4から7までを追加しました。 2011-MAR-21
FEM/SOLID/3DIMをRetouch
3-Dim Finite Element Equations of Elasticity 6から11までを追加しました。 2010-AUG-15
FEM/2DIMをRetouch
Stiffness Matrix 4 にコンテンツを追加しました。 2010-JUL-17
FEM/SOLIDをRetouch
Solid Example 7から Solid Example 15までを書き換えました。 2010-JUL-3
FEM/1DIMをRetouch
ONE DIMENSION1次元全体のページの文言に若干手を入れました。 2004-NOV-1
thru
2005-FEB-2
FEM/PARAM/4nodedelementをRetouch
4nodedelement-6にDivergenceの定理を使った|[J]|dξdηの新しい考え方を追加しました。 2003-OCT-21
FEM/1DIM/WRMをRetouch
WRM 10に説明文を追加しました。 2003-OCT-11
FEM/2DIM/heatequationをRetouch
Heat Equation 3にちょっとだけ手を加えました。 2003-OCT-11
FEM/Numrical/MatrixをRetouch
Matrix4Matrix5を大幅に書き改めました。 2003-OCT-11
RATをRetouch
ホームページのアクセスログの解析をまとめてみました。それから、CD-ROM購入者のデータも解析してみました。 2002-JULY-20
BEMのHelmholtzをRetouch
Kernel Functionについて、Kernel Functionの記述間違いがありました。3, 4, 8, 9, 10, 11ページを訂正いたしました。2002-MAR-16
OrverviewをRetouch
歴史について、力学と数学とFEMの歴史(click here)を作ってみました。2002-FEB-1
WRMをRetouch
Neumann型BCを含む近似式について、右端がNeumann型BCの場合の近似式を作ってみました。2001-OCT-6
1次元にまとめのページを追加
1次元の各ジャンルにまとめのページを追加しました。Helmholtz EquationWRM(1)手直しWRM(2)Linear ElementIntegral By ElementFinal Remark 2001-FEB-16
EXCELによるBUCKLE1Bの計算(非線形)
原田様よりXCELによるBUCKLE1Bの計算(非線形)をするプログラムを提供して頂きました。原田様、有難うございました。 2000-SEPT-05
EXCELによるBUCKLE1の計算(線形)
原田様よりXCELによるBUCKLE1の計算(線形)をするプログラムを提供して頂きました。原田様、有難うございました。 2000-SEPT-05
BEMにおける領域内の温度勾配の計算
柴本泰照様より領域内での温度勾配を計算する式を導いて頂きました。さらに、この式をベースプログラムBEM8CONQ.FORにSubroutine を2つ追加して頂きました。柴本様、有難うございました。 2000-JULY-28
2dim Helmholtz Eq.を解くDHFEMS.exe の紹介
わい様よりDHFEMS.exeを頂きました。わい様、有り難うございます。 このプログラムは、例題と似た様な境界条件で波の高さを計算し、結果をプロットしてくれます。皆様もぜひトライして、ご意見を寄せて下さい。2000-JULY-04
CALCULUS ほぼ完成
解析学(CALCULUS)のページは、ほぼ完成しました。また、質問が溜まりましたら書き足します。2000-JUN-08
FEMに新しいジャンルCALCULUSを追加
有限要素法で使われる解析学(CALCULUS)を解説するページを追加しました。これは、皆様からの質問をベースにして書いています。まだ、作成中ですが、今年中には完成するでしょう。2000-FEB-01
Paramの4nodedelementをRetouch
座標変換について、6ページまでの間に詳細な説明分を追加しました。1999-NOV-14
SolidにMac用実行ファイルを追加
Solidのstatic8.for のMac用実行ファイルを かど野 勝 様に提供して頂きました。有難うございます。1999-NOV-12
1dimのwireandchainにMac用実行ファイルを追加
1dim wire3.for のMac用実行ファイルを かど野 勝 様に提供して頂きました。有難うございます。1999-JULY-15
2dimのexampleにMac用実行ファイルを追加
2dim fem3q.for のMac用実行ファイルを かど野 勝 様に提供して頂きました。有難うございます。1999-JULY-15
1dimのvariationalに1ページ追加とページ更新
Neumann Boundary Conditionの取り扱い方について補足説明を追加しました。Fortran Programも1つ追加しました。 1999-JUN-29
SolidのFailureに2ページ追加
エネルギーの概念を用いてShear modulas = f(Young modulus, Poison's ratio)になることを説明してあります。もちろん、材料をIsotropicと仮定していますが。 1999-JUN-04
1DIMに新しいページ2
1DIMに Wire and Chainの解き方のページを追加しました。ここで紹介している支配方程式も非線形です。1999-MAY-18
1DIMに新しいページ1
1DIMに非線形微分方程式の解き方のページを追加しました。1999-MAY-18
Parametric 要素に新しいページ
Parametric 要素に3次元Isoparametric要素の作り方を紹介ページするを追加しました。1999-MAY-10
1dim/Helmholtzのページを改良
1次元のHelmholtz eq. を改良1 dim. Helmholtz eq.を少し書改めました。プログラムやExcel fileも追加しました。1999-MAR-12
変分法の改良
変分法のページに2ー3行書加えました。1999-MAR-11
Upwind method を更新しました。
Upwind Methodの内容に補足説明を追加しました。 1999-FEB-01

Home DOG Info Event CAE People Soft Hard Contents DOG PAGE-99